イビサクリームは妊娠中(妊婦)や産後に使っても良い?

イビサクリームは妊娠中(妊婦)や産後に使っても良い?

妊娠時期はシミ、黒ずみのオンパレード!

妊娠初期〜中期にかけて驚くほど肌荒れは進んでいきます。

 

全体的に黒ずみに悩んでいきますが、とくに顔やワキのシミがヤバイことに…

 

「わ!?なにこれこんなに黒ずんでる!?」
「もしかして、このまま放置したら一生残るんじゃ…?」
「デリケートゾーンまで真っ黒…こんなの相談しにくい…」

 

妊娠中はホルモンバランスが崩れるので、どうしても黒ずむのは避けられません!

 

じゃあ、こんな状態にイビサクリームは使うべきかというと…
残念ながら、オススメできません

 

イビサクリームがどうして妊娠中〜産後だと使わないほうが良いの?

【オススメできない理由】
■肌が敏感になっていて、ちょっとしたことでも刺激を感じる
妊娠中は肌が敏感になって摩擦などの刺激や紫外線にも弱くなります。

 

肌にやさしいと言われるような基礎化粧品を使ったとしても肌がピリピリしたり、
かゆくなる…なんてことは珍しくありません。

 

こんな状態だと、無添加のイビサクリームでもあまり期待できないでしょう。
公式ショップサイトでも

 

妊娠中の場合は、専門医にご相談のうえ、ご使用を検討してください。”

 

という表現になっていて、安心して使用できますとは書かれていません。

 

■使えたとしても黒ずみがほとんど解消されない
また、仮に肌トラブルなく使えたとしても、ホルモンバランスは崩れっぱなしで、
肌のバリア機能は低下してダメージを負いやすい状態で、黒ずみやすくなってます。

 

イビサクリームを使ったとしても、ダメージが大きすぎて黒ずみ対策としては微妙な結果として終わる可能性大です!

 

イビサクリームを無理に使う必要なし!

黒ずみを早く治したいという気持ちはわかりますが、
基本的にホルモンバランスの崩れが原因で黒ずんでいるので、

 

時期が過ぎてホルモンバランスが安定してくれば黒ずみ、シミは自然と治っていきます
「一度できたら二度と治らないんだ…」なんて悲観する必要はないですよ!

 

ちなみに、産後2〜3カ月後ぐらいからならホルモンバランスも安定してくるので、
イビサクリームをその時期くらいから使えばきっと役立つはずです!